急性五十肩治療のやり方~腕が上がらない40代女性Tさん~

この記事は3分で読めます

Pocket
LINEで送る

 
 
こんにちは、松本です。
 
今回は、肩が痛くて動かせないと来院された、
40代女性Tさんの治療を紹介させていただきます。

 
 
 
Tさんは、特に何もしていないのに3日前から、
急に左肩が痛くなり腕を動かせなくなったと、
患者さんの紹介で初めて来院されました。

 
 
年齢が40代後半で、何もしていなくて腕が上がらなくなった、
と聞いてまず思い浮かんだのが五十肩でした。

 
五十肩の正式名称は肩関節周囲炎といって、
肩の関節周りの強い炎症のことを言います。

 
五十肩には、はっきりとした原因がありません。
 
もし明確な原因がある場合は、
肩関節捻挫や上腕二頭筋腱損傷などのケガだと判断できます。

 
 
何もしていないのに、肩関節が急に痛くなったTさんは、
急性の五十肩の可能性が高いと判断し診察に入りました。

 
 
 
座っているだけでも苦痛の表情をしているTさんに、
問診票に書いてもらった内容の確認と、
思い当たる原因がないかどうか、
1日の内で痛みの強さに変化があるかどうか、
どの体勢や動きが痛いのかなど聞いていきました。

40代女性T
 
Tさんは、
「夜中の方がズキズキ痛みが強くて眠れないんです」
と話してくれました。

 
可動域は挙上は無理をせず10度、
外転は不可で左肩を全く動かせない状態でした。

 
 
腱の収縮断裂がないかどうか、
肩関節に水や血が溜まっていないかどうか、
石灰が沈着していないかどうか、
視診触診をして総合的に考えた結果、
急性の五十肩だと判断しました。

 
 
 
治療は、まずTさんに仰向けになってもらい、
関節のまわりの炎症を抑えるマッサージを施しました。
関節の炎症を抑えるマッサージ
 
炎症部分の押し方のポイントは、
指に全く力を入れずに、
両手を添えてゆっくり優しく圧を掛けるようにします。

 
熱感、腫れ、浮きを意識しながら、
痛みの出ていない反対側の関節まわりと同じ、
熱感、腫れ、浮きになれば治療終了です。

 
治療後Tさんに症状を確認すると、
自発痛は消えていて、
挙上は無理をせず100度、
外転は無理をせず80度に変化し、
まだ症状は出ていましたが、
Tさんは「え!?なんで?痛くない!」
と喜んでくれました。

 
治療後すぐに痛みは軽減していますが、
動かせるかどうかの確認動作をしないことを伝え、
シップを貼って安静にし1日様子を見て、
続けてもう一度来てもらうことにしました。

 
 
翌日来院されたTさんは、
「だいぶマシです!」と明るい顔で言ってくれました。
左肩に自発痛と夜間痛が無くなっており、
診せてもらうと、
挙上と外転も120度ぐらい上がっていたのですが、
運動痛が残っていたので運動痛がでる場所の治療をし、
その次の日の3日目で、
挙上外転が180度まで挙がり痛みがなくなったので、
治癒と判断し完治することができました。

運動痛がでる場所の治療
 
 
Tさんのように急性の五十肩のほとんどの患者さんは、
この炎症を抑えるマッサージの治療だけで治りますが、
治療しても症状に全く変化がない場合は、
筋腱のケガや石灰沈着などをもう一度疑う必要があります。

 
時には1回目の治療後に全く変化がなく、
次の日起きたら治っていたという患者さんもいます。

 
 
 
治療の注意点は、
押す指に力が入ったり、勢いよく押したりすると、
炎症を強めて症状を悪化させることがあるので、
力を入れず、ゆっくり優しく押すのが基本です。

炎症を抑えるためにはゆっくり優しく押す
 
今回は仰向けで治療しましたが、
仰向けの体勢になれない場合は、
座位で同じように治療していきます。

 
 
 
五十肩には今回のような急性と、
発症してから期間が経った慢性があり、
肩の状態や症状が違うので治療の仕方が変わってきます。

 
一般的に急性と判断されるのは、
症状が出てから一週間とされていますが、
僕は1ヶ月ぐらいを目安にし、
拘縮が起こる前で炎症が強い場合に急性と判断します。

 
急性の五十肩は強い炎症が起きているため痛みが強く、
患者さんは肩の関節を動かせない状態で来院されることが多いです。

 
運動痛以外にも、自発痛や夜間痛なども確認できるため、
患者さんの不安は大きいですが、
炎症を抑えることができれば痛みがすぐに和らぎます。

 
症状が出てから3日以内だと、
1、2回の治療で完治することが多いですが、
1週間ぐらい経過していると、
だんだん肩関節以外の筋腱にも緊張や炎症が起きるので、
数回治療が必要になってきます。

 
 
治療の仕方は感覚的なところもあるので、
分からないことがありましたら、
問い合わせやコメントしていただければ、
答えさせていただきます。

 
参考にしていただけるとうれしいです。
 
 
 
 
 
ブログランキングに登録してます。
記事が参考になりましたら、応援クリックをいただけると嬉しいです!

 
    応援クリックはこちら
にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ    応援クリックはこちら
 
 

Related Post

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:松本 ユウキ

自己紹介は、こちらから

治療法紹介は、こちらから


このブログは、治療者と患者さんが共に夢を叶えるために発信しています。


どこか痛くなっても治療すれば治るんだという常識をつくり、 治らないで困っている患者さんをゼロにしたい。

遠方から自分の治療院に患者さんに来てもらうのではなく、 近くに治してくれるいい治療院がありますよ! と教え合いできるような業界にしたい。

子供たちが将来なりたい職業ランキング第一位が治療者となるような、 夢や希望を与えるいい仕事をしたい。

これが僕の夢です。


僕が確立した治療技術や知識をすべて発信していきます。毎日の治療や、あなたの夢の実現の参考になるところがあればうれしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近のコメント

ブログランキング

いつも応援いただきまして有難うございます。
治せる治療者仲間がもっと増えればいいな~と思ったので、ブログランキングに参加してみました!

記事内容が「面白かった」「参考になった」と思いましたら、応援クリックいただけると嬉しいです。

    応援クリックはこちら

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ    応援クリックはこちら

ブログランキング一覧はこちらから

免責事項

本サイトの情報は、治療の判断の参考として症例や治療に関する情報提供を目的としています。

本サイトの情報について正確性や完全性を保証するものではありません。

本サイトの利用によって生じたいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。