患者さんの満足度と売り上げが上がる問診票のオプション

この記事は2分で読めます

Pocket
LINEで送る

 
 
こんにちは、松本です。
 
今回は、前回のオリジナル問診表の作り方に続いて、
患者さんの完治や治療院の売り上げに直結する、
問診表作りの工夫を紹介させていただこうと思います。 

 
 
 
前回の記事の最後に、
「問診票は定期的に見直すことをおすすめします」
と書かせていただきました。

 
実際に僕は、3か月に一度問診表の内容を見直し、
変更を繰り返しています。

 
前回紹介させていただいた問診表をベースに、
何パターンか問診票を作り患者さんによって使い分けています。

 
 
初めて来院された患者さんには、
前回紹介させていただいた問診票を使用しているのですが、
久しぶりに来院された患者さんには、
住所、電話番号の変更がないかの確認を加え、
以前書いてもらった内容と重複する項目は省いて、
患者さんの二度手間にならないように心掛けています。

 
久しぶりに来院した患者さんの問診票
 
事故で負傷し来院された患者さんには、
事故の詳細や加入している保険会社、
整形外科での診断内容を記入してもらう欄を加えています。

 
事故で来院した患者さんの問診票
 
キャンペーンやオプションを希望される患者さんには、
それぞれの施術特有の項目や、
患者さんの希望することや望んでいることが分かるような、
項目を加えています。

 
たとえば、
前回紹介させていただいた問診票の作り方の記事の中の、
➀プロフィールという項目に、
O脚を治したい、
巻き爪を治したい、
やせたい、
など治療院で提供できるオプションを、
患者さん目線の言葉で追加します。

 
オプションを追加した問診票
 
そうすることで患者さんは、
問診票に〇をつけておくだけで詳細を知ることができます。

 
治療者は治療に入る前に患者さんの希望を聞いておけるので、
あらかじめオプションを組み込んだ、
患者さんに合った治療を考え提供することができ、
患者さんの満足度が飛躍的に上がります。

 
 
O脚を治したいという項目に〇がついていれば、
僕の治療の基本となる整体とマッサージでО脚の治療をし、
患者さんが自宅でできるО脚改善の体操を提案したり、
サポーターの販売など、患者さんの希望に沿った提案で、
患者さんの望みを実現しています。

 
僕はこのオプションの項目を作ることで、
患者さんの満足度と一緒に、
治療院の売り上げも上がりました。

 
 
 
問診票は工夫すれば無限の活用方法があり、
内容が充実しているほど患者さんの治りがよく、
満足度、納得度が上がります。

 
細かく用途に分けて問診票を作ることで、
より患者さんが迷わずに問診票を書くことができ、
治療者も前もって知っておきたい情報を知ることができるので、
問診票を作る時の参考にしていただけるとうれしいです。

 
 
 
 
 
ブログランキングに登録してます。
記事が参考になりましたら、応援クリックをいただけると嬉しいです!

 
    応援クリックはこちら
にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ    応援クリックはこちら
 
 

Related Post

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:松本 ユウキ

自己紹介は、こちらから

治療法紹介は、こちらから


このブログは、治療者と患者さんが共に夢を叶えるために発信しています。


どこか痛くなっても治療すれば治るんだという常識をつくり、 治らないで困っている患者さんをゼロにしたい。

遠方から自分の治療院に患者さんに来てもらうのではなく、 近くに治してくれるいい治療院がありますよ! と教え合いできるような業界にしたい。

子供たちが将来なりたい職業ランキング第一位が治療者となるような、 夢や希望を与えるいい仕事をしたい。

これが僕の夢です。


僕が確立した治療技術や知識をすべて発信していきます。毎日の治療や、あなたの夢の実現の参考になるところがあればうれしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近のコメント

    ブログランキング

    いつも応援いただきまして有難うございます。
    治せる治療者仲間がもっと増えればいいな~と思ったので、ブログランキングに参加してみました!

    記事内容が「面白かった」「参考になった」と思いましたら、応援クリックいただけると嬉しいです。

        応援クリックはこちら

    にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ    応援クリックはこちら

    ブログランキング一覧はこちらから

    免責事項

    本サイトの情報は、治療の判断の参考として症例や治療に関する情報提供を目的としています。

    本サイトの情報について正確性や完全性を保証するものではありません。

    本サイトの利用によって生じたいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。