慢性的な肩こりや腰痛はどんな治療よりも解剖学的肢位で治る

この記事は3分で読めます

Pocket
LINEで送る

 
 
こんにちは、松本です。
 
今回は僕が治療で一番意識している、
解剖学的肢位について紹介させていただきます。

 
 
その前に、一度考えてみて下さい。
考えてみて下さい
 
慢性的な肩こりや腰痛はなぜ治らないのでしょう?
 
なぜ治療をしても、
また症状が出てくるのでしょうか?

 
 
僕が慢性的な症状を完治させることができた患者さんの8割が
 
“負担の掛かる姿勢”
 
が原因となっていました。
 
 
慢性の症状になってしまっている元は、
まずは急性の症状が出現し、
それが治らずに慢性化していることが多いです。

 
急性の症状により
1日中関節や筋肉に負担の掛かる姿勢になっているため、
自然治癒力で治るはずの症状が治らないのです。

 
自然治癒力
 
この慢性の症状は、
 
どれだけマッサージをしても、
どれだけ整体をしても、
どれだけ鍼をしても、

 
その場の症状が一時的に緩和されるだけで、
痛みの根本的な原因である

 
“負担の掛かる姿勢”
 
を治さない限り完全には治りません。
 
 
では、負担の掛からない姿勢とは何かというと、
 
それが、
『解剖学的肢位』です。

 
今回は僕が実際に患者さんに伝えている、
慢性的な症状を治すために独自にアレンジを加えた
解剖学的肢位を紹介させていただきますね。

 
 
 
まず初めにアレンジした解剖学的肢位とは?
 
・背筋を伸ばす
・手のひらを前方に向ける
・足の中指を前方に向ける
・立っている時は足は肩幅まで
・イスに座っている時は膝同士をくっつける
・床に座っている時は正座をする
・左右対称を意識する

 
こういった姿勢を患者さんに日頃から意識してもらっています。
 
 
・包丁で野菜を切る
・パソコンのキーボードを打つ
・ノートに文字を書く

 
といった動作が多い人は、
手のひらが後方に向き、肩が前にいくことで
肩甲骨が外転します。

 
こういう姿勢になると僧帽筋や菱形筋などに負担がかかり、
慢性的な肩こりを引き起こします。

 
そのため、
日頃から手のひらを前方に向けてもらう事で、
肩が凝る姿勢を改善してもらいます。

手のひらを前方に向ける
 
 
・足を大きく開いて座る
・片足だけ外旋して立つ(休めのポーズ)
・あぐらを組んで座る

 
といった体勢が多い人は、
骨盤が傾いたり開くことで、
腰椎の前弯が少なくなり側弯や後湾が強くなります。

 
こういう姿勢になると
脊柱起立筋、腰方形筋、中殿筋などに負担がかかり、
慢性的な腰痛を引き起こします。

 
そのため、
足の中指を前方に向けてもらことで、
腰痛が起こる姿勢を改善してもらいます。

足の中指を前方に向ける
 
 
他にもこの姿勢で、
首痛、頭痛、神経痛、膝痛、股関節痛など、
様々な慢性的な症状が改善できます。

 
ただし、症状のでている患者さんにとって、
この姿勢はすごく苦痛に感じることでしょう。

 
なので、定期的に治療を受けてもらい、
この解剖学的肢位をしやすい体になってもらうことで、
患者さんがより完治しやすくなります。

 
 
 
今回紹介させていただいた姿勢を患者さんに提案することで、
 
・その場だけマシになってまたすぐに痛みが出てくる
・治らないで何年もずっと肩こりで通院してもらっている
・これって治る?と患者さんに聞かれると言葉を濁してしまう

 
といったことがなくなり、
慢性的な症状である肩こりや腰痛も、
治ります!と断言できるようになります。

 
ぜひ、慢性的な症状でも完治できる治療院として
解剖学的肢位を活用してもらえればうれしいです。

さかさま整体師のメルマガ無料セミナー





ブログランキングに登録してます。
記事が参考になりましたら、応援クリックをいただけると嬉しいです!

 
    応援クリックはこちら
にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ    応援クリックはこちら
 
 

Related Post

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:松本 ユウキ(さかさま整体師)

自己紹介は、こちらから

治療法紹介は、こちらから


このブログは、治療者が夢や希望を与える魅力的な仕事となるために発信しています。


・代替医療が正当な医療として扱われるようになる

・実力のある治療者を育成し世界中の患者さんを治す

・子供たちが将来なりたい職業ランキング第一位が治療者となる

これが僕の夢です。


僕が確立した治療技術や知識をすべて発信していきます。毎日の治療や、あなたの夢の実現の参考になるところがあればうれしいです。


【さかさま整体師の由来】

さかさま整体師は整体学校の生徒と話していて、歪ます整体、炎症を取るマッサージ、聞かず触らずの診断法など、一般的に主流となってたり正しいと言われていることの「さかさま」なことをやってると言われたのがキッカケでさかさま整体師と名乗りブログを発信させていただいています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブログランキング

いつも応援ありがとうございます。
治せる治療者仲間がもっと増えればいいなと思ったので、ブログランキングに参加してみました!
「面白かった」「参考になった」と思いましたら、応援クリックいただけると嬉しいです。

    応援クリックはこちら

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ    応援クリックはこちら

ブログランキング一覧はこちらから

免責事項

本サイトの情報は、治療の判断の参考として症例や治療に関する情報提供を目的としています。

本サイトの情報について正確性や完全性を保証するものではありません。

本サイトの利用によって生じたいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。