慢性的な症状を治す思考方法!~痛くなった原因よりも治らない原因~

この記事は2分で読めます

Pocket
LINEで送る

 
 
こんにちは、松本です。
 
今回は慢性的な症状で来院された患者さんに対して、
効果的な思考法を紹介させていただきますね。

 
 
20年前から肩こりがひどくてマッサージしても治らない、、、
仕事を始めてから毎日腰が痛くてつらい、、、
一度膝が痛くなってから正座ができなくなった、、、

 
このような慢性的な症状の患者さんって、
よく治療院に来られるかと思います。

 
慢性的な症状は痛くなった原因を特定しづらいので、
治療はその場の痛みを取る対症療法となってしまいがち、、、

 
 
僕も今回紹介させていただく思考法にたどり着くまでは、
疑問に思うこともなく対症療法を行っていました。

対症療法
 
はじめのうちは治療後、痛みがマシになり納得してくれていた患者さんも、
通い続けて1ヶ月、、、3ヶ月、、、6ヶ月経つ頃になると、

 
初期の症状よりはマシにはなっていても痛みが残っていることで、
 
 
「先生、これって治るんかな?」
「先生、私いつまで通ったらええんかな?」

 
 
と不安になることも。
 
 
治ると自信をもって言えないからマシになるとしか言えず、
いつ来院するかも患者さん任せになっているので通院の目安も分からない。

 
 
どうやったら治るのだろう?
痛みが出た原因はなんだろう?

 
 
毎回、慢性の患者さんを治療する時に考えるけど答えが見つからない。
 
完治させる方法も痛みが出た原因も分からない、
そんな患者さんを治療していた時、

 
 
なぜ治らないのだろう?
 
 
と考えるようになりました。
 
人の体には自然治癒力があるので、
包丁で指を切ったり、
風邪を引いたり、
骨折したりしても、
特別な治療をしなくても治るようになっています。

自然治癒力
 
そう考えると慢性的な肩こりも腰痛も膝痛も、
本当はもう治っているはず、、、

 
 
じゃあなぜ治らないのだろう?
 
 
慢性の肩こり→肩の筋肉を柔らかくさせない原因がある
慢性の関節痛→関節の炎症をなくさない原因がある
慢性の神経痛→神経の圧迫を緩和させない原因がある

 
 
柔らかくさせない原因って何だろう?と考えて患者さんを診ると、
姿勢が原因だったり、習慣が原因だったり、、、

 
痛くなった原因よりも治らない原因を考える方が、
症状を出している原因が特定でき、
慢性的な肩こりや腰痛を治すことができるようになったのです。

 
 
どうやったら治るのだろう?
痛みが出た原因はなんだろう?

 
と考えるよりも、
 
なぜ治っていないのだろう?
 
と考えると、違う視点で原因を考えることができ、
頑固な慢性的な症状も治すことができるようになります。

 
 
 
なかなか治らない患者さんには、
痛くなった原因よりも治らない原因を考えて治療してみてくださいね。

 
参考にしていただけるとうれしいです。
 
 
 
 
 
ブログランキングに登録してます。
記事が参考になりましたら、応援クリックをいただけると嬉しいです!

 
    応援クリックはこちら
にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ    応援クリックはこちら
 
 

Related Post

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:松本 ユウキ(さかさま整体師)

自己紹介は、こちらから

治療法紹介は、こちらから


このブログは、治療者が夢や希望を与える魅力的な仕事となるために発信しています。


・代替医療が正当な医療として扱われるようになる

・実力のある治療者を育成し世界中の患者さんを治す

・子供たちが将来なりたい職業ランキング第一位が治療者となる

これが僕の夢です。


僕が確立した治療技術や知識をすべて発信していきます。毎日の治療や、あなたの夢の実現の参考になるところがあればうれしいです。


【さかさま整体師の由来】

さかさま整体師は整体学校の生徒と話していて、歪ます整体、炎症を取るマッサージ、聞かず触らずの診断法など、一般的に主流となってたり正しいと言われていることの「さかさま」なことをやってると言われたのがキッカケでさかさま整体師と名乗りブログを発信させていただいています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブログランキング

いつも応援ありがとうございます。
治せる治療者仲間がもっと増えればいいなと思ったので、ブログランキングに参加してみました!
「面白かった」「参考になった」と思いましたら、応援クリックいただけると嬉しいです。

    応援クリックはこちら

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ    応援クリックはこちら

ブログランキング一覧はこちらから

免責事項

本サイトの情報は、治療の判断の参考として症例や治療に関する情報提供を目的としています。

本サイトの情報について正確性や完全性を保証するものではありません。

本サイトの利用によって生じたいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。