自己紹介

この記事は5分で読めます

Pocket
LINEで送る

 
 
こんにちは、松本です。
 
このブログは、僕が治療院を開業するまでの道のりと、
開業してからの日々の治療や経営について書き留めています。

 
いつか自分の治療院を持つことを夢としているあなたや、
毎日現場で治療をがんばっているあなたに、
僕の経験が少しでも参考になるところがあればうれしいです。

 
 
 
まずは簡単に自己紹介をします。
 
僕は、和歌山で治療院を経営してる31歳の2児の父です。
 
大阪の専門学校を卒業し、兵庫で7年間修行を積み、
故郷に帰り25歳の時に開業しました。

 
当初は、治療、受付、電話対応、掃除などの業務、
全て僕1人でこなしていました。

 
多くの治療院が『1日の来院患者数100人』を目指している中、
僕は、『耳を傾け、目を配り、心を込めて治療する』を理念とし、
患者さんを全員治して『来院患者数0人!』を掲げました。

 
プレオープンで母の友達の1人を治療し、そこから口コミが広がり、
広告宣伝は一切せずに開業1日目から予約満員、
1か月以上予約を待ってもらうこともありました。

 
1日の予約人数最大16人の上限に対して40人治療し、
その40人の3割が新患、
通院回数は平均2週間に1回、
治療費は2000円~4800円、
治療時間は1人20分程度、

 
急性・慢性関係なく即効性のある手技を使って、
現在までに累計7000人の患者さんを、
1回で症状をゼロにする治療をしてきました。

 
 
僕の知っている多くの治療院が行っている、
「患者さんに何回も来てもらえるような来院指導」
「神の手に選ばれた治療者の治療」
「お金儲けを重視した治療以外のサービス」
「多くの患者さんが来るような集客」
というような技術や集客、サービスなど僕は一切していませんが、

 
「症状の根本を治療できる問診」
「患者さんの立場で考えた心理」
「少ない通院日数で完治させる手技」
など、
今まで治療した患者さんから経験や学習させてもらったことで、
肩こり、腰痛以外にも、複雑骨折、皮膚疾患、指定難病など、
体に不調がある患者さんに多くご来院いただけるようになり、
掛かりつけの治療院として信頼してもらえるようになりました。

 
 
2年目からはスタッフを増やし、
治療者の育成にも力を入れるようになりました。

 
僕の治療理念に共感し、
いつも患者さんのために一所懸命なスタッフに、
治療院を安心して任せられるようになり、

 
開業4年目となる年から、
治療技術や知識を広めるための活動を始めました。

 
このブログもその活動のひとつです。
 
 
7年間の下積み時代に、
患者さんから避けられ、
院長から下手くそだと言われ、
後輩から励まされ、
心も体もボロボロで人生を放棄しかけた僕が、

 
なぜ、治療した患者さん全員を治す事ができるようになったのか、
なぜ技術と知識を広める活動をしているのか、

 
少し長くなりますが、読んでいただけるとうれしいです。
 
 
 
18歳の時、専門学校へ入学してすぐに整骨院で働き始めました。
 
当初は毎日マッサージの練習をし、親指がパンパンに腫れながらも、
早く患者さんを治療したいという一心で、
毎晩保冷剤を親指にぐるぐる巻きにして頑張っていました。

 
 
1ヶ月後にはマッサージを任せてもらえるようになりましたが、
患者さんをマッサージすることが増えていくにつれて、
自分のマッサージを嫌がる患者さんも増えていきました。

 
そして、ついには「院長の方がいい」と言われるだけでなく、
「後輩の方がいい」と言われることも多くなってしまったのです。

 
これは結構ショックでした、、、
 
 
患者さんからは目を合わせてくれない、話しかけても無視をされ、
まるで僕が空気になったかのように避けられ、

 
院長からは地蔵のように固まって説教を聞く僕に、
マシンガンのごとく「下手くそ」という言葉を毎日浴びさせられ、

 
後輩からは泣いてるのび太君を見る目で励まされる、、、
 
だんだん、辞めたい、治療したくないと思うようになりました。
 
 
日曜日のサザエさんが始まると、鉛のように気が重くなり、
通勤時間が近づくと吐き気でトイレから出られなくなり、
ズキズキと頭が割れそうな頭痛に襲われるようになりました。

 
そんな状況になっても、僕は辞めるとは言い出せない性格なので、
「なんとか患者さんにだけでも良く思われたい」と思い、

 
問診の時にしっかり話を聞いて、しっかり説明をすることで、
まずは患者さんの納得だけでも得ようと考えました。

 
 
毎日、患者さんの話を誰よりも聞いて理にかなった説明をする。
 
それを繰り返していた時、
1人の患者さんが僕に治療してほしいと来院されました。

 
「何で僕を指名してくれたのだろう!?」
 
治療に自信のなかった僕は喜びよりも驚きの方が大きかったです。
 
 
その日から少しずつ僕を指名してくれる患者さんが増えてきたのです。
 
その時、初めて気づきました。
 
今まで技術ばかりに目を向けていたけど、
それ以上に大事なのは『患者さんと向き合うこと』だと。

 
 
それからより一層、問診に力をいれるようになりました。
 
すると今までと同じ手技で治療しているにもかかわらず、
患者さんが確実に治っていきました。

 
しっかり問診し根本的な原因が分かったうえで治療することで、
完治という結果に繋がったのです。

 
 
症状が慢性化していて完治を諦めていた患者さんや、
どこの治療院に行っても治してもらえなかった患者さん、
たくさんの治療院に通い慣れ目が肥えた患者さんなど、
24歳の時にはどんな患者さんが来ても、
「治ります」と言い切ることができる
ようになっていました。

 
患者さんに信頼してもらえるようになり、
治療する機会が必然的に増えていき、多くの経験を積んだ結果、
問診や手技を誰にも負けないくらい高めることが出来ました。

 
 
 
そして、治療院を開業したのが翌年の25歳の誕生日の時でした。
 
若くで開業し、お金もたくさん稼ぎ、患者さんからも選ばれる。
 
まわりからは羨ましがられましたが、
実はこの時期が人生で一番辛かったです。

 
 
 
体も心も休みのない状態、、、
治すのが当たり前というプレッシャー。

 
土地から購入した多額の借金、、、
お金を稼がないといけないプレッシャー。

 
あと何年この状態が続くんだろう、、、
残りの人生、この状態で消化していくのかな、、、
と考えるようになりました。

 
 
この状況が2年続き、誰にも相談できない孤独感から、
精神的に追い詰められて不安定になり、パニック障害を起こし、

 
頭を抱えて声が出てしまうほどの強い頭痛、
1時間以上続く動けなくなるぐらいの胸痛、
毎日急に腹痛に襲われ下痢になるなど、
体の異変が頻繁に起こるようになりました。

 
 
このままじゃダメになる、、、
 
そう感じていたけど、どうしていいか分からない。
 
 
 
そんなどん底の僕を救ってくれたのは、
僕の治療院のひとりのスタッフでした。

 
今後の治療院のビジョンや治療者としての夢だけではなく、
僕自身が日頃感じていることや不安など、

 
誰にも話していなかったことを語り合ううちに、
頭の中が整理され、自分の気持ちと行動のズレがなくなりました。

 
 
それまでは経営の責任、治療の責任を全て1人で抱え込み、
完璧にこなさなければいけないと思っていました。

 
弱音を吐いてもいいんだ!
みんなを頼ってもいいんだ!
僕がしたい治療や経営をしてもいいんだ!
と思えるようになったことで気持ちが楽になりました。

 
 
僕の治療院を僕と同じように大切に思ってくれていることを知り、
仲間ができて孤独じゃなくなりました。

 
そして体や心が軽くなり、
重圧で楽しくなかった治療が楽しくなりました。

 
 
 
以前の僕は忙しさと治療の責任、経営の重圧で、
肉体的にも精神的にもいっぱいいっぱいになり、
なんのために治療しているのかが分からなくなっていました。

 
 
患者さんのため?
家族のため?
自分のため?
お金儲けのため?

 
今では患者さんのために治療していると言い切れます。
 
 
売り上げやお金儲けを考えず自分のペースで治療し、
見返りを求めない治療ができるようになりました。

 
そして治療した患者さんは必ず治っています。
 
 
 
患者さんのための治療ができるようになり、
僕にはができました。

 
 
それは、治療者が夢や希望を与える魅力的な仕事となることです。
 
代替医療が正当な医療として扱われるようになり、
世界の医療の一つの柱となるよう進歩発展したい!

 
実力のある治療者を育成し世界中の患者さんを治したい!
 
治療者が子供たちの将来なりたい職業ランキング第一位になるような、
夢や希望を与える仕事にしたい!

 
それが世界の医療の基準を「統合医療」に変えることに繋がると信じています。
 
 
僕はまだまだ成長途中ですが、
今までに確立した治療技術や知識を共有させていただき、
治せる治療者の仲間を作りたいと考えています。

 
 
 
これから、
僕の治療技術や知識などこのブログで発信していきます。

 
毎日の治療や、
あなたの夢の実現の参考になるところがあればうれしいです。

 
また僕自身も治療熱心なあなたと切磋琢磨することで、
今よりさらにレベルアップしたいと思います。

 
とっても長い自己紹介、読んで頂きありがとうございました。
 
 
最後に、あなたとのご縁に心から感謝いたします。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 小山裕一
    • 2018年 1月28日

    ブログ拝見しました。
    私は梅田で小顔のお店をしております。
    先生の患者さんに対する想いが私と一緒と感じコメントさせていただきました。
    技術向上の為にまた読ませていただきます。

      • 松本ユウキ
      • 2018年 1月28日

      小山さん、コメントありがとうございます!
       
      梅田でお店をされているのですね!
      僕は和歌山なので近いですね^^
      患者さんに対する想いが一緒だと感じてもらえてうれしいです。
       
      これからも、
      参考になるような記事を書いていきたいと思っていますので、
      よろしくお願いします!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:松本 ユウキ(さかさま整体師)

自己紹介は、こちらから

治療法紹介は、こちらから


このブログは、治療者が夢や希望を与える魅力的な仕事となるために発信しています。


・代替医療が正当な医療として扱われるようになる

・実力のある治療者を育成し世界中の患者さんを治す

・子供たちが将来なりたい職業ランキング第一位が治療者となる

これが僕の夢です。


僕が確立した治療技術や知識をすべて発信していきます。毎日の治療や、あなたの夢の実現の参考になるところがあればうれしいです。


【さかさま整体師の由来】

さかさま整体師は整体学校の生徒と話していて、歪ます整体、炎症を取るマッサージ、聞かず触らずの診断法など、一般的に主流となってたり正しいと言われていることの「さかさま」なことをやってると言われたのがキッカケでさかさま整体師と名乗りブログを発信させていただいています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブログランキング

いつも応援ありがとうございます。
治せる治療者仲間がもっと増えればいいなと思ったので、ブログランキングに参加してみました!
「面白かった」「参考になった」と思いましたら、応援クリックいただけると嬉しいです。

    応援クリックはこちら

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ    応援クリックはこちら

ブログランキング一覧はこちらから

免責事項

本サイトの情報は、治療の判断の参考として症例や治療に関する情報提供を目的としています。

本サイトの情報について正確性や完全性を保証するものではありません。

本サイトの利用によって生じたいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。